読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サバゲーを大切にしないやつはマフィアじゃない

サバゲーを愛して止まない、あるマフィアのお話。その他エアガン、カスタム、映画、小説、雑談、お仕事、いろいろ書きます。

PMCって具体的に何やねん、と思って調べたマフィア〜その3〜

f:id:littlefriend:20160327225250j:plain

親愛なる読者様、Buon giorno

まどろっこしいマフィア、ヴィスコです。

早速ではありますが、ちょっとTOP画像のQRコードを読み込んでみてください。PCでご覧の方は、お手持ちのスマートフォンで。スマートフォンでお読みの方は家族のスマートフォンで。すると・・・

 ね?このブログに飛んだでしょ?

くだらないことしてスイマセン。昨日に引き続き、PMCについてお話ししましょ。

私が人に「サバゲー始める時、どんな装備がいい?」と聞かれた時は、ぜひスーツで!と答えているんですが抵抗のある人が多いようです。なのでスーツを渋る方にはPMCをオススメしています。

PMC装備の魅力は「お手軽さ」と「自由度の高さ」です。装備品や重火器に規定のないPMCは、個人の好みで思い思いのスタイルを選んでいます。それこそトップはTシャツ、パンツはジーンズの上にプレートキャリアやチェストリグの組み合わせだけでPMC装備の完成です。

またエアガンはAK、M4、SIG、ステアーなどなど何でも構いません。敵から鹵獲した、会社から支給があった、と自分で設定を作ってしまえば立派なPMCなんです。ただ極端に古い銃(トンプソンとか)は現実味がなくなってしまうので、PMCっぽさを演出できる範囲はある程度絞られます。

正規の軍隊では報道規制がかかり、主流の装備を調べたくてもわからない時があります。一時DEAの装備を調べようと思っても、なかなか新しい資料に出会えなかった経験があります。PMCなら紛争地域で活動している写真がいくらでも流れ込んでくるので、情報には事欠きません。

とても間口の広いPMC装備はサバゲー層にとてもマッチしていると思います。若年層が増え、サバゲーユーザーが低年齢化しているとフィールドに行っては肌で感じているのですが、例えば学生や新卒者がシールズ装備一式揃えるとなったら費用面でかなり難しいはずです。それに若い人たちの移り気は早いので、せっかく買っても一年経たずに引退してしまうケースもあるでしょう。

そういった理由で迷彩服を買うことに二の足を踏んでいる方こそ、PMCスタイルがぴったりです。ユニクロである程度揃えることだって可能なため、引退したら普段着に切り替えてしまえばいいだけの話なんです。もっと言えば今持っている服を組み合わせるだけで、それなりの格好になります。

私もサバゲーを始めてすぐの頃はハイネックのロングTシャツの上にベストとチェストリグを重ね、タクティカルパンツを履いていました。PMCを意識したわけではなかったのですが、PMC装備だと言い張ることはできます。それが何を間違ったのか、今ではスーツに身を包み裏の世界で暗躍するマフィアごっこに手を染めているんだから、人生何が起こるかわかりません。そして、もう戻れません。私が言えることはただ一つです。

やっぱりサバゲーやるならマフィアスタイルが一番。

そんなわけでPMCの話は一旦終わりです。これ以上詳しいこと書くと「Wikipedia見ろ」で済んでしまうので。

Ciao!