読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サバゲーを大切にしないやつはマフィアじゃない

サバゲーを愛して止まない、あるマフィアのお話。その他エアガン、カスタム、映画、小説、雑談、お仕事、いろいろ書きます。

スーツサバゲーマーの悩みを吐露するマフィア

f:id:littlefriend:20160320235257j:plain

親愛なる読者様、Buon giorno

いたずらなKISSで目覚めたいマフィア、ヴィスコです。

スーツでサバゲーしていると、いろいろな障害にぶち当たります。経験者ならわかると思いますが、他人が思っている以上にゲームで不利と言わざるをえません。好きでやっているのだから文句を言う筋合いはないと思いますが、それでもスーツサバゲーマーの気持ちを少しでも察してもらいたい甘えをお許しください。

スーツでサバゲーをしていて何が一番困るかというと、姿勢が制限されることです。あまり無理な体勢になると繊維にダメージを与えてしまうため、常に頭の中には「今スーツの生地、どこか伸びてないかな?破れないかな?」という不安に苛まれます。お尻の辺りが破れたら、戦闘どころではありません。これを我々の業界では繊維喪失と呼んでいます。 

もちろんプローン射撃、匍匐前進などもっての外です。自殺行為です。スーツへのストレスは最高潮に達し、最悪1ゲームでお役御免となります。なのでゲーム中は自然と姿勢が高くなり不利な状況が生まれやすいのです。

まだあります。スーツサバゲーマーの方でコンバットブーツやスニーカーでゲームに参加される方が見受けられるのですが、私はそのスタイルを好みません。スーツには革靴、これ一択だと思っています。身だしなみは足元から始まるもの。足元を疎かにしてはせっかくのスーツを殺してしまい、一体何のためのスーツかわからなくなると思いませんか?

一方で理解できる部分もあります。怪我、事故など安全面を考えれば動きやすい靴を選択するのは当然でしょう。おかげさまでアウトドアフィールドへ行く際はスーツを着ることができない私です。割り切ってブーツを履いているスーツサバゲーマーを羨ましくも思います。しかし自分のスタイルを崩してまで、その道を進むことはできません。

思えばシューティンググラスしかり、コスチュームプレイしかり。みなさんも自己責任の範疇で、自分のスタイルを貫き通しているのでしょう。であればこそ、他人の装備品にケチをつけるようなことはしたくないのです。わかりますか、このジレンマ?

これからサバゲーを始める人は、いろいろな壁にぶち当たるでしょう。スナイパーに憧れてボルトアクションライフルに手を出したものの、電動ガンを相手にするのが苦痛となり理想の現実の狭間で選択を迫られる時がきます。

その時に意見を変えてしまったとしても、どうか自分を責めないでください。正攻法も正解も無いのがサバゲーだと思っています。そこで新しい道を進むも良し、突き詰めて解決法を探すも良し。その自由度がサバゲーの魅力の一つでは無いでしょうか。

何が言いたいかというと、

サバゲー用のスーツと革靴を誰か開発してくれ。

そういうことです。

Ciao!